サイト内検索はこちら

YouTuberのはじめかた【動画本数の重要性】毎日投稿は必要?

YouTuberのはじめかた【動画本数の重要性】毎日投稿は必要?
スポンサーリンク
[flexbox flexchildren=1] [flexitem] [/flexitem] [flexitem] [/flexitem] [flexitem] [/flexbox]

こんにちは!美容師YouTuberのおのだまーしー (@ma_shi_onoda) | Twitter です!YouTubeチャンネルなつましhouseを運営しています。

人気チャンネルを作るためのYouTuber同士のコミュニティ【YouTuberオンラインサロン】を開設いたしました!

よろしくお願いします!

 

みなさんコンテンツと言う言葉は聞いたことありますか?

コンテンツ(contents) 直訳すると内容、中身、と言う意味です

コンテンツ(contents)という言葉は、1990年代頃からインターネットや携帯電話などのIT技術が急速に普及したことによって使用されるようになり、一般化したといわれています。

コンテンツは、直訳すれば「内容」や「中身」という意味があります。しかし、最近Webサイトで使われている意味としてはただ単に内容を指すだけではなく具体的な「情報の中身」を表し、そこに含まれる情報が重要視されている傾向にあります。

引用:https://blog.core-j.co.jp/high-quality-content

いわゆる情報が集まってる場所ということですね

YouTubeチャンネルもそのコンテンツの一つです

つまりYouTuberを目指している みなさんはコンテンツ作りをしていく ということです

今回はタイトルが『動画の本数の重要性』ということで、そのコンテンツ作りの重要なポイントを説明していきます

 

YouTubeチャンネル(コンテンツ)に大事な在庫

例えば あなたのYouTubeチャンネルを 本屋 だと例えて考えてください

そして あなたのYouTubeチャンネルに上がってる動画の本数店内で売られている本の数と考えてください

店内に数冊しか売り物が無い本屋 店内に沢山種類があってその中から選べる本屋 だったらどっちの方が人気が出るでしょうか?

 

そう考えると 沢山本の種類(動画の本数)があった方が本屋としての存在意義がありますよね

つまり 動画の本数が少ないチャンネルはコンテンツとは呼べないということです

なのでチャンネルを開設した当初はとにかく本数を増やす事に目を向ける必要があります

 

動画の本数が少ないと…

本屋をオープンしました

オープンしたけど今はその本屋の中に本の種類(売り物)が数冊しか無い状態

例えるならそんな感じです!

まずは在庫を増やす事が重要です

つまり動画の本数を増やさないと話にならない!という事になってきます

動画本数を増やす事

それがあなたの本屋を人気店にする最初のステップだと思ってください!

まずは自分のお店に来店するきっかけ作りとして 在庫を増やしましょう!

 

実は例外もあります

在庫が無いと本屋として成り立たない という話をしましたが例外もあります

それに当てはまる場合は 開店早々投稿本数を意識する必要はあまり無いかもしれません

それはどんなパターンか説明していきます

 

①オーナーがインフルエンサーの場合

そうです オープンしたお店のオーナーがすでに有名人の場合は本数を意識する必要も無く 人気店にする事が出来ます

これは言わなくても分かると思いますが本屋で例えると その本、商品以上にオーナーに価値がある為

“その人の商品を見たい!その人の本屋に行きたい!”

という消費者が 本屋に駆け込むからです

最近で言うと お笑い芸人キングコングの梶原さんが運営しているカジサックとか

本田翼さんがゲーム実況を行なっている 『ほんだのばいく』がまさにそのパターンです

あとはブロガーのイケダハヤトさん運営しているチャンネルも同様です

店内に在庫が少なくても オープンしてすぐに商売が成り立ち易い状態 になっているということですね!

コンテンツとして成立している状態です!

それくらい “私には影響力があっていきなり人気店に出来る見込みがある” という方は動画の在庫本数に目を向け無くても良いのかもしれません(長い目を見たら話は変わってきます)

 

②商品価値が高い

例外その2です

それはどのようなパターンかと言うと

店頭に置かれているもの1つ1つの商品価値が高いもの(コンテンツ力が高い)

チャンネルで言うと 一個一個の動画のクオリティが高く どんな人が見ても面白い!と感じさせることができる動画の在庫があるという状態です

そのようなチャンネルは 動画投稿本数だったり頻度は必要無く どちらかと言うと 一個の動画の作り込み力があれば成り立つチャンネル です

すでにあるチャンネルで例を言うなら『れーと先生RATE VFX』『オサミンティヌス3世』

投稿頻度は少ないけど動画一本一本のクオリティが高いため 人気チャンネルとなっています

(ただ やはり動画一本一本が面白くても 芽が出るまで時間はかかってしまうかもしれません、どっちかと言うとロングテールなチャンネルと言えるでしょう)

レペゼン地球まあたそもそっち系ですね

(僕はこの人たちのことを天才と呼んでますw)

このように 動画のクオリティ重視のチャンネルを構成出来る場合は 投稿頻度を気にする必要が無いのかもしれません。

しかし そこに到達出来るのは才能だったり技術が必要になってきます

自信がある方はぜひ そういう動画作り、チャンネル作りにチャレンジしてみてください!

 

自分にあった発信方法を…

そんな感じでしょうか!

僕は動画投稿を開始してから本数にはひたすらこだわって来ました!

それはなぜかというと どの動画が当たるか分からないから

一本一本作り込んで最終的に誰からみても面白い動画を作る自信があるならそこまで 動画の本数は意識しなかったと思います

しかし それが僕にはできなかったので結局数で勝負する事にしました(僕は凡人なので…)

いわゆる数撃ちゃ当たる戦法ですねw

それがいいか悪いかはわかりません、人それぞれだと思います

自分のリアルな生活と照らし合わせて 自分の発信方法、発信頻度を変えていくのがいいのかもしれませんね!

ぜひ試行錯誤行なって自分にあった方法を編み出していきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!