YouTube

【伸びてないYouTuberの特徴】を知ってチャンネルを成長させる

こんにちは!美容師YouTuberのおのだまーしー (@ma_shi_onoda) | Twitter です!YouTubeチャンネルおのだまーしー2.1(チャンネル登録15万)を運営しています。

人気チャンネルを作るためのYouTuber同士のコミュニティ【YouTuberオンラインサロン】を開設いたしました!よろしくお願いします!

本日の記事はこのような方に向けての記事です。

悩みくん
悩みくん
YouTube始めて半年経つけど全然伸びない…

なんでだろ、、、どうしたらいいんだ!!

 

という疑問についてこの記事では回答していこうと思います!

【今回この記事で得れる情報は】

・あなたの動画はYouTubeで需要がないジャンルを選んでないか

・YouTubeチャンネルが伸びない人はどういう人か

・時代が変わって、需要も変化しています。

・誰でも始められるコンテンツは競争が激しい。

・じゃあこれからどんなジャンルを攻めていけばいいか。

こんな感じです。

 

YouTubeチャンネルが伸びてない理由

チャンネルが伸びない、右肩に上がっていかない。

その理由は単純に あなたの動画に 需要 がないからです。(辛口ですいません…)

この世の中のビジネスは需要供給で成り立っています。

欲しい人がいて それを 与える人がいる

自分の発信しているものが欲しい人が沢山いれば そのコンテンツは人気が出る欲しい人が少なければ人気が出ない。

YouTube上でもそれが起きています。(そういうプラットフォームなので)

YouTubeで人気のある人 ➡︎ 需要の高い動画を作る人

YouTubeで人気のない人 ➡︎ 需要が無い動画を作り続けてる人

YouTube上その二種類の人がいることを忘れないでください。

※もちろん趣味の範囲(自己満)でYouTubeをやっている方チャンネルを大きくしていくことを目指していない方はこれからの話は適しません。

 

つまり いつまで経ってもYouTubeの登録者や再生数が伸びない方は需要が無いところに動画を発信しているということになります。

↑絵にするとこんな感じです。

投げた動画が全部マト(需要)から外れている感じ。

 

YouTubeチャンネルが伸びない人の傾向

先ほどの話で伸びない方は【需要に供給できてない】という話をしました。

それではチャンネルが伸びない人の傾向について話していきます。

 

・自分の “面白い!” “ウケる!”と考えるものが YouTube上の需要から外れている。

・昔 伸びていたことをずっと同じ事をやり続けている(需要が変化しているのに気付いてない)

・需要はあるけど 供給者が沢山いすぎて埋もれてしまっている人。

上から説明していきます。

 

自分の”面白い” が YouTube視聴者の”面白い” がズレてる

言葉のまんまなのですが、図に表すとこんな感じ

自分が面白い=視聴者の面白い  では無い事を認識してない。

需要を履き違えているという事)

これは自分を過信しすぎると起こりますね!

どちらかと言うと①YouTubeの需要を知って ②そこに狙って動画を発信する方が合理的です。

 

もちろん中には自分が面白い=視聴者の面白いが完全一致している方もいます!

僕の知ってる中だと水溜りボンドとか東海オンエアとか オサミンティヌス3世とか

むしろ今いるトップYouTuberは全員ですね!!

そこの能力が長けているからここまで成長しているって言う事ですね!

自分の面白いと思ったことが需要にマッチしている、つまり需要にしっかり供給できているYouTuberは勝手に人気になっていくと言うことです。

さっきのイラストの通りです

 

昔伸びていた事をずっとやり続けていて最近伸びない

3、4年前からYouTubeを始めた人に多い傾向があります。

どう言うことかと言うと 需要が変化をしていってるのに それに対応出来ていないと言うことです。

当たり前ですが需要は常に変化します。

数年前伸びていたことが今も伸びるとは限りません。(もちろん今でも伸びるコンテンツもあります)

例えるなら 今タピオカが流行ってるのにパンケーキ屋を原宿に出店するとか、タピオカ屋を10年後くらいに原宿に出店するような感じ。

需要は常に変化するものです。

それに対応出来なくて 昔と同じような事をやっていると いつか再生数がどんどん落ちて登録者の増加もどんどん減って むしろマイナスしていく…

(今までのファンがついているので 再生数はガタッと下がるのではなくジワジワ減少するので気付かない方多いです。)

そう言う恐れがあるので常に需要をキャッチしておく事は重要な要素です。

 

需要はあるけど飽和状態のジャンルで発信し続けてる

自分の発信しているジャンルに需要があるのは確かだけど 供給者が沢山いるジャンルで戦っても埋もれてしまいます

もちろんそのライバルが沢山いる中で 一番を取る!と言う自信がある方はそこで戦ってみてもいいと思います!

でもかなり能力がある人、特徴がある人、相当頭のいい人で無い限り勝ち上がるのはかなり大変かと思います。

【需要はあるけど 供給者が沢山いる】

それはどう言うジャンルかと言うと ”誰でもできる動画” です。

いわゆるマルチ系に多いですね!やってみた系とか商品紹介とか!

【知識や能力、技術が無くても作れるコンテンツ】、【誰でも参入しやすいコンテンツ】 それは飽和しやすいジャンルになります。(もちろん探せばまだ隙間はあるかもしれません)

 

YouTubeで伸ばすためのジャンル選び

まず最初に考える事は自分の特技から探しましょう!

どう言う事かというと 【他の人には無いけど自分にしか無いもの】を探す!

 

なんでもいいです!

例えば…

・縄跳びが得意

・テレビが大好き

・人と話すのが大好き

・仕事で美容師やってた

・ゲームが大好き

・水泳が得意

・お寺巡りが好き

・新幹線が大好き

・天体の知識がある

・プログラミングスキルがある

・犬猫が好き

・漫画ワンピースが大好き

など…

そんな感じで自分にしかない特技だったり知識をリストアップします。

 

なぜこんな事をするかと言うと

自分にしか出来ないこと=個性的な発信のタネ

なのです。

先ほどもいった通り 誰でも出来るジャンルは 飽和しやすい、競合が沢山いる と言う面でオススメしません。

短期的な成長だったら望めるかもしれませんが 長い目を見るとすぐにライバルが増えて停滞しやすくなります。

グラフにしてみるとこんな感じで極力左によっていた方が独占しやすくなります。

例えば一個自分の得意分野を見つけたとします。

それが上のグラフでどの辺に位置するか考えてみましょう!

では僕は美容師なんで【美容師】のコマを置きます

美容師のYouTuberも最近増えて来ているので 左端には行きませんが 図の位置くらいと考えます。

しかし問題がもう一点 自分の強みである【美容師】のジャンルが需要が低いことが分かりました!

最初に言ったように需要の低いものを発信し続けていても人気コンテンツを作る事は出来ません!

絶望!!

ではどうすればいいでしょうか?解決策があります

 

自分の特技と人気コンテンツの掛け算で新しいジャンルを作る

そうです、需要が低いからと言って諦めるのはまだ早いです。

自分の得意技と人気分野を掛け合わせて 需要を高めていくのです。

例えば先ほどの例で言うと 美容師のままだと 需要が低いので僕は【カップル】というワードで掛け算して チャンネルを伸ばしました。

【美容師】×【カップル】

こうする事で 需要を高めて【見たい!】と思わせる人口を増やした感じですね!

【美容】には興味ないけど【カップル】的な動画だったらちょっと見たい気もするな…

という方いらっしゃるんじゃないでしょうか?

(ちなみに別れたので僕のチャンネルのカップル動画は全部消しました【悲報】)

 

掛け算するものは なんでも組み合わせられるワケではないので 頭を使う必要がありますが そんな感じで自分の特技と人気ジャンルと掛け算をして 自信のチャンネルの需要を高めていきましょう!

 

今の時代YouTube発信を行う人が急激に増えてきています。

自分のチャンネルの動画をどうやって露出を増やしていくか 考えながらやらないと埋もれてしまう事は間違いありません。

僕のオンラインサロンでもどの様に【掛け算を作り上げて人気コンテンツを作っていくか】を課題に 情報交換を行なっています。

自分1人ではアイディアがでない場合はオンラインサロン加入を検討してみてください!

僕もチャンネルを見させていただいて直接アドバイスをさせていただきます!

オンラインサロンメンバーYouTubeチャンネルの成長実績こんにちは!美容師YouTuberのおのだまーしー (@ma_shi_onoda) | Twitter です!YouTubeチャンネルお...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。